無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

全職殺手(邦題:フルタイム・キラー)  

全職殺手
出演:劉徳華(アンディ・ラウ)、反町隆史、
林熙蕾(ケリー・リン)、任達華(サイモン・ヤム)
プロとしての洗練された技術を持つ殺し屋の"O"(反町)は、
世間から離れ、裏社会に身を委ねてきた凄腕だった。
そんな"O"の前に、最近めきめきと頭角を現してきた新人の殺し屋トク(アンディ)が現れる。
トクは自分を映画の主人公に置き換え、
殺しから得る暗い刺激でみずからの心を満たす毎日を送っていた。
やがてトクは裏社会でのナンバーワンの地位を手に入れるため、
"O"に挑戦状を叩きつけることを決意する。
トクが"O"の家政婦であるチンに接近する一方、
トクとの銃撃戦で廃人寸前となった捜査官のリー(サイモン)は、
"O"とトクの記録を残そうと躍起になっていたのだが…。
(Yes asiaあらすじ)

★華仔と反町隆史が共演した事で話題になった映画。
珍しく「悪役」で「危ない色気」漂う華仔が堪能できます。

のっけから華仔が警察に乗り込むシーンはちょっと怖かったです。
華仔があんなに楽しんで人殺しするなんて・・・(いや、役だからね)

でも、花束に隠した拳銃で撃ち殺して行くので発射する度花びらが舞い
これがまたカッコ良いったりゃありゃしない!
あんな殺し屋なら喜んで撃たれるわ~!
私の心臓はここよ~~~~!ヒット・ミー!みたいな(すいません)

一方の反町さんはクールであまり話さない殺し屋。
でも腕は超一流。

この2人のストーリーが1人の女性を軸に進んで行きます。

その女性を演じるのがケリー・リン。
この人、ナイスバディです(どこ見てんのよ~!)
華仔とのベッドシーンは・・・ただ羨ましい限りで。

1つだけ言わせて貰うなら、反町さんの中国語、華仔の日本語がいらなかった気がする。
やるならもっと完璧に、無理なら入れないで行って欲しかったです。
(ちょいと辛口だったかな)
コメディ映画なら許せるんだけど、こう言うクールな映画では合わないっすよ(--;

それを除いてはサイモンさん演じる刑事も良かったし、
何よりも華仔が超カッコ良いので文句なしです!

Posted on 2006/05/04 Thu. 11:31 [edit]

category: 邦題:【な】~【は】

tb: 0   cm: 2

コメント

そこだけ

檸茶ちゃん>本当に言葉だけだね~、NGなのは。それ以外は言う事ないのに。
華仔がめっちゃ良いから~!

URL | SOFFY #79D/WHSg
2006/05/06 13:11 | edit

う~~ん

この華仔怖いけど…ええんだなぁ~~でも、アヤシイ日本語は…別に廣東語でいいんだけど~~~
でも、キレイでしたわよ~~華仔。レンチャイだけどキレイです。

URL | 檸茶 #79D/WHSg
2006/05/06 00:10 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/86-18b1f519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。