無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

9413  

9413
☆鎮宇初監督作品☆
出演:呉鎮宇(フランシス・ン)、伍詠薇(クリスティン・ン)、李惠敏(アマンダ・リー)
爛頭(フランシス)は刑事だが、常に安心感が得られないで不安を感じでいた。
そんな爛頭は世の中の悪を少なくする事で自分の安心感を得るしかなかった。
そしてある日出逢った心理内科医の卡文(クリスティ)に治療をしてもらううちに
爛頭は卡文を信頼し、愛すようになるが・・・
(ジャケットあらすじ参照)

★鎮宇初監督作品。
ちなみにタイトル「9413」(ガウセイヤッサン)は漢字にすると「九死一生」。
意味は日本の「九死に一生」と同じです。

この映画は北野武監督の『その男、凶暴につき』を意識して作った・・・
とかって聞いた記憶があるんですけど、ちょいと自分自身この記憶に自信なし(><)

内容はちょっと1回では難しいかった気がします。
刑事なんだけど、すぐキレるし、ヤクもやっちゃってるいい加減さ。

鎮宇演じる爛頭も色々過去に背負ってる物があるからそう言う行動とるんだけど、
心理内科医の女性に出逢ってから少しずつ変わり始めるんです。

私、この映画苦手なんですよ~。
何故かと言うと『鎮宇の濃い~ラブシーンが多い!!』から。
その上しっかり「Ⅲ級片」。

当時彼女だと噂されたアマンダ・リーとの絡みは特に。
実生活でもこうなの? って、思いたくなくても思ってしまう・・・

でもアマンダさんはこの役で金像奨の助演女優奨にノミネートされたぐらいはまってました。
(受賞は逃しましたけど)

鎮宇の初監督作品だから、何回か観たいんですけどね~。
まだ3回ぐらいしか観てない・・・

Posted on 2006/04/27 Thu. 17:25 [edit]

category: 未公開:4~6文字

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/79-29136696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。