無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

安娜瑪徳蓮娜(邦題:アンナマデリーナ)  

安娜瑪徳蓮娜
出演:郭富城(アーロン・クォック)、金城武、陳慧琳(ケリー・チャン)
ピアノの調律師フー(金城)は、これと言って趣味もなく恋人もいない地味な青年。
ある日、調律に行った先で自称作家のヤン(アーロン)と知り合う。
天衣無縫で風来坊のヤンは、なぜかフーの家に転がり込むことに。
そんなある日、2人が住むアパートの上階にイー(ケリー)が引っ越してきた。
グランドピアノを運び込んだイーだが、弾くのはヘタクソな「アンナマデリーナ」だけ。
騒音に文句をつけたヤンとイーは険悪な仲になるが…。
(yes asiaあらすじ)

★女の子を次から次に落とし、その女の子達の家を転々とし、
偶然知り合ったたけやんの家にも何気に転がりこむアーロンはある意味天才かも知れない。

この映画の一番のお気に入りは。。。

ケリーのピアノにアーロンがいちゃもんをつけた後エレベーターで一緒になった3人。
この後のアーロンの行動がムカつくけど笑える!(笑)
もう気が狂ったようにこのシーンは観ましたよ(^^;

たけやんは大人しい役でひたすらアーロンに振り回されてましたね・・・
片思いしてるケリーも結局はアーロンが好きだったし。
あぁ可哀相。

それぞれの立場で物語が描かれてるのがお洒落だし
後半に別の物語が入ってるのがなお良い!

そしてそして~!ちょい役で豪華メンバーが出演してるのも良いですよね!

まずは頭から説教モードで物を言う警官役に學友。
アーロンともしっかり絡みがあってこれは私にはたまらない共演ですぜ!

そして大家さん役に出ました!エリックおじさん。
今回もちょっと面白い役でした。

後半の別物語で編集社の編集長を演じるのは我らがレスリー。
眼鏡が良いです。

そのレスリーに想いを寄せる役にアニタ・ユン。
良いですね~、ウィンとサムじゃん(#^^#)

レスリーがペンでアニタのあごをあげるシーンが何気に好きなんですよね~。

色んな意味で観ても損はない映画だと思うので
未見の方は是非御覧あれ~~!

Posted on 2006/04/22 Sat. 15:51 [edit]

category: 邦題:【あ】~【か】

tb: 0   cm: 2

コメント

いつも

zoecchiさん>香港映画に嵌ってからは周りの脇役俳優もめっちゃチェックするようになりましたからね~。ましてや學友は大本命っすから。

レスリー&アニタのエピソードを入れる所が憎いし、この2人をキャストに選んだ監督に拍手です!

アーロン、これ結構素に近いかも知れません。話してるとあんな感じですから。
香港人の友達に言わすと『馬鹿みたいに話す』らしいですけど(苦笑)良いのさ!可愛いから!!

URL | SOFFY #79D/WHSg
2006/04/26 16:53 | edit

レスリーと

アニタのエピソードがやっぱりいい♪
ほんとサムとウィンですね
ちょこっとしか出ていない学友さんとエリックをピックアップするところはさすがですねぇ。

この映画で初めてアーロンを認識しました。

URL | zoecchi #79D/WHSg
2006/04/25 23:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/76-31d928ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。