無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鴻門宴(邦題:項羽と劉邦 WHITE VENGEANC)  

項羽と劉邦 WHITE VENGEANCE
出演:黎明(レオン・ライ)、 張涵予(チャン・ハンユー)、劉亦菲(リウ・イーフェイ)
陳小春(ジョーダン・チャン) 、黄秋生(アンソニー・ウォン)、安志杰(アンディ・オン)
時は秦末期。
皇帝の暴政に反旗を翻す項羽と劉邦は皇帝暗殺には失敗したものの、
お互いの意向に気付き連邦軍を結成、秦に戦争を仕掛けるが…。

-411本目 日本版DVD 日本語字幕で鑑賞-

項羽と劉邦の戦いを描いた長編映画。

私は基本歴史物は苦手なんで、三国志とかも良く分からないんですが、
この項羽と劉邦の戦いは三国志に並ぶ程人気があるそうです。

初めは共に戦い固い友情で結ばれていた項羽と劉邦ですが、
1人の女性が絡んで来た事により、その友情にひびが入り、
やがて皇帝の座を賭けた争いに発展してしまいます。

民の平和を望んでいたレオン演じる劉邦ですけど、
結果的に欲に負けたと言うことなんでしょうか?

愛した女性:虞姫が残した言葉
「対面の代価は?」
それは“人を信じる事が出来なくなってしまう” と言う事だと気付いた時には時既に遅し。

皇帝の座を手に入れたものの、
自分は絶えず誰かに命を狙われてるのではないかと言う恐怖に怯えていた劉邦。

何か、悲しいですよね。

地位と名誉、そしてお金があっても、そんな恐怖に怯えて暮らしてた劉邦より、
最後まで愛した女性の愛を一身に受けて死んで行った項羽の方が幸せだったと思います。

先に観た『三国志英傑伝 関羽』よりは難しい内容でしたけど、
2時間ちょい、飽きずに観れた作品でした。

Posted on 2015/04/11 Sat. 12:04 [edit]

category: 邦題:【あ】~【か】

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/545-df80e092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。