無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

報應(邦題:やがて悲しき復讐者)  

報應

出演:任賢齊(リッチー・レン)、黄秋生 (アンソニー・ウォン)、
文詠珊 (ジャニス・マン)、盧巧音 (キャンディ・ロー)
大手不動産会社の社長ウォン(アンソニー)は2年もトンウォ村の開発に尽力しているが、
住民の反対に手を焼いている。
病死した妻との間に生まれた2人の子供と、再婚した妻(マギー)との生活もうまくいっておらず、
ドラッグに溺れる長女デイジー(ジャニス)の監視は秘書のエイミー(キャンディ)に任せていた。
また長男チュン(ペリー)は、ウォンに医大進学を強制され、不満を募らせている。

ある日、ボリビアに行こうとしていたデイジーに怒ったウォンがパスポートを破ると、デイジーは家出してしまう。
数日後、ウォンの携帯にデイジーが誘拐されたという動画メールが届く。
デイジーの自作自演だと決めつけたウォンは警察に届けることなく、
身代金を自分で運んでいて、バイクに乗った男に奪われてしまう。

ウォンの部下で前科者のチュウ(リッチー)は独自のルートで犯人を捜し、
デイジーの時計を持っていた男を見つける。
男から、誘拐したデイジーを生きたまま“2人の男”に渡したと聞き出したチュウは、ある場所へ向かう。
チュウから連絡を受けたウォンは、向かった現場でデイジーの遺体を見つける。
デイジーの密葬を行い、妻たちにデイジーは渡米したと告げたウォンは犯人に復讐を誓う。
同じく子供を持つチュウはウォンに協力し、“2人の男”を追う。
村の立ち退き問題で死者が出るなどビジネスが暗礁に乗り上げ、
家庭も崩壊に向かっていくなか、ウォンたちは衝撃の真実を知る。

-405本目 CS放送分 日本語字幕で鑑賞-

良くありがちでなさそうな物語。

自分の欲の為に家庭を顧みず仕事一筋に生きていた男。
そりゃ、あの父親じゃグレたくもなりますわな(^^;
娘可愛い可愛いの癖に、娘が言う事を一切信じようとしないってどうよ?
誘拐されたって、そりゃ私も一瞬「狂言?」とは思ったけど、
親が「もしかして本当かも」って思わない時点でおかしい(--;

で、結局娘は殺されてしまうし、
その上、逆上して人を殺してしまうしで、
結局秋生さん演じるウォン社長は、自分で自分の人生を台無しにしてしまってるんですよね。

物語的には良かったんですが、
もう少し突っ込んで描いて欲しかったのは、
リッチー演じるチュウの過去。
あれだけの事を出来るんだから、さそがしの前科持ちなんでしょうが、
その部分の説明や、
それを救ってくれたらしいウォン社長に何故にあそこまで尽くすのか?
そこがいまいち響いて来なかったのが残念でした(><)

前科持ちを雇ってくれたってだけで、あそこまで出来るもんなんですかね?
逆にどっかで裏切りそうなもんなのに。。。

Posted on 2015/01/16 Fri. 14:18 [edit]

category: 邦題:【ま】~【や】

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/539-e81af434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード