無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

掃毒(邦題:レクイエム 最後の銃弾)  

掃毒ポスター

出演:劉青雲(ラウ・チンワン)、古天樂(ルイス・クー)、張家輝(ニック・チョン)、
子ども時代からの親友で、
麻薬捜査官として活躍するマー(ラウ)、ソー(ルイス)、チャン(ニック)の3人は、
タイの大物麻薬王ブッダの逮捕目前まで迫る。
しかし、事前に捜査情報が漏れていたことから思わぬ反撃を受け、
ブッダの逮捕に失敗したばかりか、チャンを失ってしまう。
それから5年後、香港の新興組織とブッダの組織との間で新たな抗争が起こり、
5年前の捜査失敗の責任をとって左遷されていたマーと、
逆に出世を果たして麻薬捜査班のトップになっていたソーの前に、
死んだはずのチャンがブッダの組織の一員として姿を現す。

-404本目 香港版DVD 中文字幕で鑑賞-

日本での上映が決定してから、焦って観ました(笑)
麻薬組織を一掃しようと躍起になってた、幼馴染の3人組の友情が描かれた作品。

組織に潜入して精神的に疲れていた古仔演じるソー。
ある取引の際もう少しで突入と言う時に上司から思わぬ撤退命令が下った事により、
ソーの心の中の闇が動き出してしまいます。

自分の命はなんなのか?

その上司からの命令に背き、突入を決めたラウチン演じるマーと、
チョンちゃん演じるチャンにも自然に不信感を抱くようになり、
その古仔の心の闇は引き金となり、この後3人の運命が大きく変わって行ってしまいます。

誰が悪い訳ではないんです。

3人それぞれが抱えてる問題の大きさや、
3人それぞれの辛さが伝わって来るので、
2時間ちょいの物語の中で3回ぐらい泣きました(^^;

それでもやっぱり男の友情は強かった!!

で、またそこで泣きました(笑)

物語全体がお勧めですが、
ラストの銃撃戦は特にカッコ良かったですよ~♪

『男たちの挽歌』を越す・・・までは行きませんでしたが、
ジョニー監督作品以外では久しぶりに、
良い映画を見せてもらった気がしました。

日本版DVDが出たらまたそっちでも観たいと思います(^^)

Posted on 2014/11/18 Tue. 20:28 [edit]

category: 邦題:【ら】~【わ】

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/538-cb9b9f32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。