無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

非典人生  

非典人生
出演:譚耀文(パトリック・タム)、曾志偉(エリック・ツァン)、
楊恭如 (クリスティ・ヨン)、林曉峰(ジェリー・ラム)
自分の身を省みず職務を貫こうとする大学病院の看護婦(クリスティ)と、
一時は尻込みするもののやがて医師としての責任感を取り戻す内科医(パトリック)、
妹と薬屋(チン・ガーロッ)の交際に反対する男(エリック)、
SARSに感染したために恋人に捨てられた女性(ポー・サイイー)と、
彼女を支え、そのために自分も感染してしまう隣人(エドウィン・シウ)など、
SARSという降ってわいた災厄をめぐるさまざまな人間模様を綴っていく。
(Yes asiaあらすじ)

★SARSが元になった作品で、
その頃の香港はこんなんだったのかな?って思うとちょっと辛い物語でした。
でも話の後半で登場するエリックおじさんとジェリーラムのコンビが笑わせてくれたので
思いっきりブルーになる事はなかったです!

パトちゃん目当てで購入した作品だったんですが、
(ちなみに彼は前半&後半にちらっと出てくる程度)
観る前は熱血医者役だと思ってたんです、SARSなんて怖くないぜ!みたいな。
でもいざ観出すとSARSに感染することが怖くて
おどおどした情けない役だったのでイラっとしました(笑)
思わず『しっかりし~や!パトちゃん!!』って言っちゃいました~。

でも自ら感染してしまい、周りの仲間に救われてからは
堂々とSARSに立ち向かえてたので良かったし、白衣姿にメロメロになったし、
何よりもちょいと裸が拝めたので(シャワーシーンもあったし!)
最終的には大満足(爆)(いつもの事ですが単純です 笑)

それにしてもSARSに感染した疑いのある区域の女の子を同僚が
「ばい菌」の様に扱うシーンは悲しかった・・・
何もそこまでしなくてもって思ったけど、いざ自分が同じ立場ならやっぱり感染は怖いし。
色々と考えさせられる映画でした。

Posted on 2006/02/15 Wed. 17:03 [edit]

category: 未公開:4~6文字

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/50-632fdb08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。