無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

彈、道  

彈道
出演:任達華(サイモン・ヤム)、林家棟(ラム・カートン)、張孝全(ジョセフ・チャン)、
戴立忍(レオン・ダイ)、廖啓智(リウ・カイチー)
-367本目 大陸版DVD 中文字幕で鑑賞-

★実際に起きた『三一九槍撃事件』を基に作られた作品。
以下ネタバレしてます。

舞台は台湾。
総統選挙活動で賑わう町で暗殺未遂が発生。
何とか命を取りとめた候補者の1人。

これが相手側の候補者の仕業だと大騒ぎになり、
撃たれた男は見事当選する。

だが、この事件に疑問を抱いた刑事が調査に乗り出し、
真相を暴いて行く と、言った話。

ジョセフ・チャン演じる刑事は、狙撃現場を目撃し、
殺し屋である家棟を追い詰めて行くが、
その間に仲間を次々殺されて行ってしまう。

サイモンさん演じるジョセフの上司。
初めは一緒になって事件解決に全力を注ぐが、
病気の息子を助けたいあまりに、
敵方の色に染まって行ってしまう。

結局事件は相手の思う壺で終わってしまいますが、
こちらは違う意味で色々考えされられる映画でした。

そんなにまでして選挙に勝ちたいのか?
台湾の選挙運動が過激なのは知ってましたが、
人間欲の為なら命なんでどーでも良くなってしまうんですね(--;

口数少ない殺し屋を演じた家棟も良かったですけど、
やっぱりサイモンさん演じる刑事かなー。
寝返った後の開き直り(?)が怖かった(笑)
事情が事情だけに(息子ちゃんの命がかかってた)
同情したい気持ちはあるけど、刑事としては失格ですもんね。

政治絡みの物語でしたけど、そんなに難しい内容ではなく、
思っていたよりは面白く観れました。

Posted on 2011/02/25 Fri. 08:51 [edit]

category: 未公開:1~3文字

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/485-4ccd70c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。