無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

月滿軒尼詩  

月滿軒尼詩
出演:張學友(ジャッキー・チョン)、湯唯(タン・ウェイ)、鮑起靜(パウ・ヘイチン)、
李修賢(ダニー・リー)、安志杰(アンディ・オン)
41歳になった今も実家に暮らし、
母の営む電器屋で働きながら何となく日々を過ごしている阿來(ジャッキー)。
彼の不甲斐なさに痺れを切らした母(パウ)は、
勝手に知り合いの姪・愛蓮(タン)とのお見合いをセッティングする。
しかし、2人はこのお見合いにあまり乗り気ではなかった。
実は愛蓮は刑務所に入っている恋人・阿旭(アンディ)を待ち続けていて、
一方の阿來は昔の恋人と再会して妙な雰囲気になっていたのだ。
そんな状況で知り合った2人だったが、
友だちとして会っているうちに次第にお互いのことが気になり始め・・・。
(Yesasiaあらすじ)

-364本目 香港版DVD 中文字幕で鑑賞-

★大人の恋愛を描いた作品。

母親の経営する電気店で働いてる阿來は良い歳になるのに結婚する気配がなく、
昔の彼女の事を忘れきれずにいた。
そんな中、その彼女から連絡があり、離婚した事を知る。

一方、早くに両親と死別し、叔父夫婦に育てられた愛蓮。
反対する叔父をよそに、刑務所に入ってる恋人をひたすら待ち、
新しい恋愛をしようとしなかった。

そんな2人が母親と叔父の計らいで無理やり引き合わされるんですが、
小説大好きで空想話が好きな2人は次第に心引かれ始めます。

やがて出所した愛蓮の恋人。
愛の巣も準備し、楽しい生活が待っていたはずなのに、
どこか、何かが物足りない。

昔の彼女と上手く行きそうだった阿來もまた、
仕事をバリバリこなす彼女の姿を目の当たりにし、
そこに自分の居場所がないと思い始める。

そんな感じでこの男女の心の変化が描かれています。

愛蓮演じるのは「ラスト・コーション」でデビューした湯唯。
広東語が普通に上手くてビックリしました。
むっちゃ努力したんでしょうね。
今回はキュートで強い女性を演じていました。
こっちの役のほうが好感持てるなー。

阿來演じた學友。
こう言う普通の男演じさせると四天王で1番様になるな(良い意味でですよ! 笑)

劇中アンディ君演じる阿旭が、
愛蓮を取られた事に怒り阿來を殴りに行くシーンがあるんですが、
ここで阿來をぼこぼこにしながら、太刀打ちできない阿來に向かって

「男にはこう言う強さが必要なんだ!お前にはそれがないだろ?
 そんなお前が愛蓮に何をしてやれるって言うんだ!」

みたいな事を言うんです。

それに対し、

「笑顔だよ。僕は彼女を笑顔にしてやれる。」

って、答える阿來。

たったこれだけの事なんですけど、この台詞が妙に心に響いたのでした。
守ってくれる強さも大事ですけど、やっぱり幸せを与えてくれないとねー♪

Posted on 2011/01/31 Mon. 13:04 [edit]

category: 未公開:4~6文字

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/482-e0d2f749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。