無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鈕扣人  

鈕扣人
出演:呉鎮宇(フランシス・ン)、戴立忍(レオン・ダイ)、關穎(クァン・イン)、李倩蓉(ジャネット・リー)
偉(フランシス)は
裏社会で起きた殺人事件の現場の証拠を処分する事を職業としていた。
そんな偉はある日そんな自分の人生を精算しようと思い立ち・・・
(ジャケットあらすじ抜粋)

-333本目 香港版DVD 中文字幕で鑑賞-

★危うく10月は1本もレビューUPなしで終わるところでした(><)
邦画も含め何本か映画は観たんですが、どれも感想を書くほどの作品でなくて・・・
って、実はこの作品もそうなんですけどね(--;
なもんで「鎮宇の作品なんで一応書いて置こうかな?」程度で書かせて頂きます!

鎮宇演じる偉は裏社会で起きた殺人を殺害現場から遺体まで
その全てを綺麗に消し去ってしまうプロの処理屋(←こんな言葉あるのかな?)
その鎮宇の一生(?)を描いてる作品だと思うんですが、
何が言いたいのかがいまいち分からなかった。

映画自体も何もかもが中途半端と言うか
何かが起こりそうで結局何も起こらないと言う肩透かし状態があり
「鎮宇が出てへんかったら確実に早送り再生やな」なレベルの作品でした

実際にこう言う職業があるのかは知りませんが、
そう言う職業にスポットを当てたところまでは良かったのに
何だか勿体ない感が否めないなーと言うのが正直な感想です。

映像も凄くグロテスクな物を想像してたのに私的には全然でしたし。
って、それはそれで良かったんやけど。(どっちやねん)

そんな感じなんであんまりお勧めは出来ないで~す!!

ちなみにこの作品全編北京語台詞なんですが (設定にも広東語はなし)
鎮宇の声だけは吹き替えだった気がします。
似てる声なんやけど、微妙に違う気がした・・・
これは私の判断なんで間違ってたらすいませんm(_ _)m

Posted on 2009/10/27 Tue. 15:20 [edit]

category: 未公開:1~3文字

tb: 0   cm: 2

コメント

ボッシュさんへ☆

元気ですよ~!
たまにちょこちょこ体痛めますが・・・

死体から何から綺麗になかった事にしてらっしゃいましたよ、鎮宇さん。
でもこの作品、本人は出来上がった物を観てないらしいです。
うん、観ない方が良いかも(笑)

発想は面白かったんですけど、
いまいちパンチのない作品でした・・・

URL | SOFFY #79D/WHSg
2009/10/31 19:35 | edit

そんな仕事…

ご無沙汰をしております。
お元気でいらっしゃいますか??
月日は…勝手に過ぎ去ってしまいます。
…今年の記憶が、あやふやです(T_T)

作品自体も、まったく知らないものだったのですが、SOFFYさんの記事を読んで、思ったことを…。

そんな仕事…嫌です(笑)。

裏社会がまず、“裏”の世界やのに、その世界で起こった、よろしくない事を処理するって…さらに“裏”なお仕事な気がしてなりません。
“いなかったこと”になるんですかねぇ、存在としては。

…嫌や…そんなん(T_T)

URL | ボッシュ #79D/WHSg
2009/10/30 18:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/437-a39e7baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。