無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

三國之見龍卸甲(邦題:三国志)  

三國之見龍卸甲
出演:劉徳華(アンディ・ラウ)、洪金寶(サモ・ハン・キンポー)、マギー・Q、
狄龍(ティ・ロン)、呉建豪(ヴァネス・ウー)、安志杰(アンディ・オン)
趙子龍の一生を描いた作品。

-295本目 香港版VCD 中文字幕で鑑賞-

★恥ずかしい事に私は「三国志」とかこう言うのに全く無知なもんで
これも華仔映画として鑑賞しました。
でも時代背景が絡んでくる物語は苦手な私でもすんなり観れました。

物語は華仔演じる趙子龍の一生を描いています。
無名だった子龍が立派な将軍として軍を引っ張って行く姿
その中で巻き起こる兄弟愛、裏切り、復讐。

映画の中の台詞でもありましたが
人間って何の為に戦うんでしょうね?
平和を取り戻す為に戦っていたはずなのに
結局気づけば平和のへの字もなくなってる。

そう思ったときにはもう虚しさしかない訳ですよ(--;

何気に意外だったのはサモハンさんが出番少なかった&強くなかった事。
勝手に華仔と一緒に戦いまくる役だろうと思っていたんですが違った。

あとマギーは綺麗ですね~。
欲を言えば彼女の戦シーンをもう少し観たかったです。

華仔の次に目をひいたのはアンディ・オン。
ヴァネスも出てきたんですけど 「え~~~!」 な出番。
知らん間におらんかったし(苦笑)
そのヴァネスの分もアンディはカッコ良かったです。

だからダブルアンディの映画ですね、これは。

『投名状』に比べたら戦シーンの迫力はそんなになかったですし。
台詞がオール北京語で華仔が吹き替えっぽかったのが残念でしたが
華仔のカッコ良さでは文句なしの作品でした♪

やっぱ、アンディ・ラウは男前ですっ!!

※余談※

現在『三国』って言う映画の話が香港で出てます。
こっちには古仔が出演予定。
こちらも楽しみです~!

Posted on 2008/09/11 Thu. 22:18 [edit]

category: 邦題:【さ】~【た】

tb: 0   cm: 4

コメント

ぱおさんへ☆

ぱおさんも鑑賞したんですね!

はい、おっしゃるとおりです。
白髪華仔、カッコ良かったです♪

URL | SOFFY #79D/WHSg
2008/09/29 17:53 | edit

短い、、

趙子雲の人生を描くには短すぎる。
でも年くった白髪の華仔には、、、萌えた!

URL | ぱお #79D/WHSg
2008/09/28 00:24 | edit

ボッシュさんへ☆

こんにちは~!
ヴァネス君、友情出演やったんですね~。
それで知らない間にいなくなってたのか(納得するな~!)

今回はアンディ・オンに目が行きました。
今まで何本か彼の演技を観てますが
今回のは特に凄くカッコ良かったです!
(生き方と言うか忠誠心と言うか)

アンディ&サモハンさんの力で日本公開にして欲しいですよね!!

URL | SOFFY #79D/WHSg
2008/09/21 13:09 | edit

公開すればいのに…

お邪魔します。

これ、見ました!!
しかも、ちゃんと(?)中文字幕で!!
2回目は英語にしてしまいましたが(笑)。

いやぁ、三国志ですよ!!
こう云う見方もありよなぁ…なんて思いながら見てました。
一人ひとりのドラマって、あれだけ武将がそろってる話やと…難しいですもんね。

私が見たのも、華仔吹き替えっぽかったですよ…。
ヴァネスは友情出演なんで、まあいいとして(笑)。
ほんま、知らん間におらんかったし(笑)。

ダブルアンディ、凄いですよねぇ。
華仔は勿論、さすがですが、主演を押しのけて最優秀新人賞を獲得した男、アンディ・オン凄し!!(笑)。
アンディ・オンは、いい役者さんだと思います。

公開すればいいのに…日本で…。

URL | ボッシュ #79D/WHSg
2008/09/20 21:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/381-82c02c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。