無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

行運一條龍(邦題:ラッキー・ガイ)  

行運一條龍
出演:周星馳(チャウ・シンチー)、呉孟達(ン・マンタ)、葛民輝(エリック・コット)、
鄭秀文(サミー・チェン)、舒淇(スー・チー)、 陳曉東(ダニエル・チャン)
エッグタルトが自慢の店「幸運茶餐廳」で働くソイ(チャウ)は
他の店員が羨望の眼差しで見つめる恋の達人。
親切で真面目だけが取り柄の同僚フク(エリック)からは、配達途中で偶然出会った
ファニーという女性の心を射止めるためのアドバイスを求められ、店の主人からも
立ち退きを迫る悪徳不動産屋の女社長を色仕掛けで撃退するよう頼まれる。
しかし本当のソイは学生時代のモテない自分の面影を振り払うため、
仲間に金を渡してモテモテぶりを演出させていたのだ。
そんなある日、ソイは病院の看護師として働いている初恋の人
キャンディ(サミー)と偶然に出遭う。
数年振りの再会を喜ぶソイだったが、
二人の間には決して忘れることのできない苦い想い出があるのだった…。
(JBOOKさんあらすじから)

-259本目 CATV放送分 日本語字幕で鑑賞-

☆これ中文で観た時はそんなに面白くないな~って思ってたんですけど
結構面白かったんですね(笑)

星爺演じるソイはモテる男を演じてる嫌なヤツなんですが
彼には忘れらない悲しい初恋の過去があるんですな~。
そりゃ、あんな人間になっちゃうかもな。

何とかサミーとデートにこぎつけ昔渡せなかった手紙を渡す星爺。
でもサミーはそれをその場で焼いてしまった挙句、
その後昔自分がされた事の仕返しをする。

うぅ~~~、このシーンの星爺は可哀想やった。
手紙を目の前で焼かれるのって凄くブロークンハートですもんね (意味不明な文)
・・・って、そんな事された事ないですけどね(笑)
あくまで想像での発言です。

フク。どうしたらあそこまで良い人になれるのか?
やり過ぎな感じがたまにイラっと来る事もあったんですが
やっぱり憎めないキャラでした。

でも失恋して180度性格が変わってしまうのもどうかと思うけど
それだけフクが純粋だったって事を伝えるにはあれが一番だったんやろうな。

トントン(陳暁東)いっつもいまいちな役ですよね(苦笑)
「エンドレス・アフェア」も「特攻!BADBOY」でもいまいちやったし。
せっかく良いルックス持ってるのに勿体無い・・・
男まるこに追いかけられるシーンはナイスでしたけど。

スーちゃん。積極的なお金持ちのお嬢様。可愛かったな~。
凄くセクシーに見える時と可愛く見える時。
私と1つ違いとは思えない魅了の持ち主っす。羨ましい。

マンタおっちゃんも良かったし、
出ました、八両金も良かった。
今回は道場の師匠役で肉体美(?)を披露してましたね。
サンドラ姐もインパクト大で。

旧正月映画って事で最後はみんながハッピーエンド。
楽しけりゃ良いのさ、人生は~~~! (何じゃこのオチ)

Posted on 2008/02/17 Sun. 12:16 [edit]

category: 邦題:【ら】~【わ】

tb: 0   cm: 2

コメント

実際に

ぱおさん☆
実際にあんな良い人がいると絶対に惚れます。
でもいないんですよね~。

旧正月映画で泣けると気が滅入るからでしょうかね?
ほとんどが豪華な出演でハッピーエンドですもんね。

豪華な出演人が観れるのは旧正月映画の特権なんで
私も好きです♪

URL | SOFFY #79D/WHSg
2008/03/05 08:35 | edit

Unknown

この映画でエリック・コットが好きになったよ。
フクっていい人だよねぇ。なんかカワイイ!

旧正月映画ってだいたいハッピーエンドでめでたしめでたし、、な終わり方ですね。好きだけど、、

URL | ぱお #79D/WHSg
2008/03/04 22:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/340-803e698d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード