無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

C+偵探  

C+偵探
出演:郭富城(アーロン・クォック)、廖啓智(リウ・カイチー)、成奎安(シン・フィオン)、
黎燿祥(ライ・イウチョン)、谷祖琳(ジョー・コク)、黄徳斌(ケニー・ウォン)
亜探(アーロン)は私立探偵。
ある日、肥龍(シン)の依頼で1人の女性:慧心を探す事になる。
肥龍の話では慧心が自分を殺しに来ると言うのだ。
亜探は肥龍から預かった慧心の写真を頼りに捜査を開始する。
やがて1人の男の姿が浮かびあがり、その男を訪ねるも彼は既に死んでいた。
その後も捜査を続ける亜探だったが、浮かび上がる人物が次々と死んで行ってしまう。

一体慧心と言う女性は何者なのか?何故彼女に関係する人物が犠牲になって行くのか?

やがて亜探自身にも命の危険が迫り・・・
(ジャケット&物語からあらすじ抜粋)

-247本目 香港版DVD 中文字幕で鑑賞-

★08年初のレビューです。
でもこれ30日に鑑賞したんです。 (←そんな報告どうでもええがな)

オキサイド・パン監督なので、ちょっとビクっとなるシーンもあったんですが、
全体的には推理要素が強い作品で面白かったです。

ある女性の捜索を頼まれた所から物語が始まり、
徐々に謎が解き明かされて行くと言う流れ。
探偵役のアーロンが常に撮っている写真がラスト大事な鍵になってます。

アーロン。
探偵だからかも知れないけど、
物凄く暗記力が良くてそこにいちいち感心してしまいました。
このアーロン演じる主人公は幼い頃に両親が失踪してしまってるんですが
このエピソードにもちゃんとオチがあって良かった。
たまにあるじゃないですか~。オチのないエピソードが入ってる作品。

「近視じゃなかったら刑事になってた。で、今頃はお前の上司になってたはずだ。」

と、相方っぽい存在のカイチーさんに愚痴ってたアーロン。
(カイチーさんは警官役)
ニセの警察手帳見せびらかして捜査してる姿を見る限り
とても上司になれそうもなかったですが(笑)
無茶苦茶な捜査でカイチーさんに何回も怒鳴られてたしね(^^;

ラスト。全ての糸が繋がった時の感想。
「結局はそうなのね?」 って感じでした。
(ネタバレになるのであえて言いません)

でも慧心のお陰でアーロンは長年探してた物が見つかったんやし、
慧心も幸せになれたと思うので (やってる事は復讐なんで、良い事じゃないけど)
ある意味ハッピーエンドで、
少なくともモヤモヤした終わり方じゃなくて良かったです。

最後にちょっと一言。
お気に入り俳優のライさんが出てて嬉しかったんやけど、
ちょっと、いやかなり?ポッチャリされててプチショックを受けた(--;
撮影用に太ったとも思えんしな・・・

Posted on 2008/01/03 Thu. 12:07 [edit]

category: 未公開:4~6文字

tb: 0   cm: 2

コメント

Unknown

☆檸茶ちゃん☆
確かに推理物って香港映画にはあんまりないよね~。
黒社会物ばっかりな気がする・・・

怖い部分もあるけど、ちょっと笑えるシーンもあるから楽しんでちょ。

URL | SOFFY #79D/WHSg
2008/01/15 11:35 | edit

楽しみ!!

次回香港に行ったときに買おうと思ってたけど、ジャケットのアーロンにつられて買ってきました。(笑)
香港映画で推理ものってあんまりないような気がするんだけど私だけ??
パン兄弟の作品は怖い描写があるけど、私は好きです。インパクト大きいし。
今までの香港映画にはない新しい感覚だと思う。(偉そうに書いてるけど分かってるのか??って言われそう。)

URL | 檸茶 #79D/WHSg
2008/01/14 21:39 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/327-c1128798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード