無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

ラピッド・ファイアー  

ラピッド・ファイアー
出演:ブランドン・リー、パワーズ・ブース、ニック・マンキューゾ
マフィアによる麻薬絡みの殺人現場を目撃してしまった画学生のジェイク(ブランドン)は、
保護してくれるはずのFBIからも命を狙われる羽目になる。
しかし、彼の亡き父親はCIA空手師範であり、父親譲りの武術で数々の危機を乗り越え、
その過程で親しくなった刑事たちと協力しながらマフィア壊滅へと乗り出していく。
(Amazonあらすじ)

★最近またハリウッド映画レビューが続いてます。
勘の良い方は気づいてらっしゃるかも?
はい。ダスティンさん映画を鑑賞し始めてるんです。
CATVで放送されていた『V.I.P.』が終わってしまいましたし(TへT)

それは置いといて。
これはブルース・リーの息子、
ブランドン・リーの遺作と言われてる作品だそうです。

ブランドンさんを初めて観たのは「クロウ-飛翔伝説-」と言う映画で。
カッコ良いルックスに父親譲りのアクションも素晴らしかったので
今後が楽しみだったのに、彼も若くして帰らぬ人となってしまいました。
本当に残念です。父上の分まで活躍して欲しかったのに・・・

で、この作品。
わがままを言えばもっとアクションシーンを多くしてくれたら良かったのにと思いました。
物語はまぁまぁ良かったんですが、せっかくブランドンさんを起用してるんだから
彼のアクションをもっとみせて欲しかった!

特に終盤、敵がヌンチャクを持って迫ってくるシーンがあったんです。
「お!ヌンチャクやん!」 とむっちゃ期待したのに
結局ブランドンさんはヌンチャクに触れる事すらしませんでした(--;
そこは振り回さないとダメでしょ?

物語の中でも父親を亡くす役柄だったブランドンさん。
『カンフーは父親に教えてもらった』
と、言うシーンではブルースさんを思っていたのかも知れません。

1つ嬉しかったのはブランドンさん&ダスティンさんの広東語が聞けた事かな?
耳が広東語に飢えてる私としてはそんな些細な事が凄く嬉しかったです☆

Posted on 2007/11/03 Sat. 14:32 [edit]

category: 香港以外の電影

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/289-94bd4cd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード