無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

天と地  

天と地
出演:トミー・リー・ジョーンズ、ヘップ・ティ・リー、
ジョアン・チェン、デビー・レイノルズ
オリバー・ストーン監督作品。
ベトナム戦争を駆け抜けた、ひとりの女の壮絶な戦い。

ベトナム戦争が勃発すると同時に、
レ・リーの運命と呼ぶにはあまりにも壮絶な戦いが始まった。
二重スパイ容疑による残忍な拷問、仲間からの非常なレイプ。
村から逃亡したレ・リーは、サイゴンで不倫の恋に落ち、妊娠、出産する。
子供を抱えて生きるレ・リーの前に、米海兵隊のスティーブ・バトラーが現れる。
スティーブはレ・リーにとって希望の灯だったのだが。
(Amazonあらすじ)

★2時間20分ほどの長編映画だったんですが、
入り込んで観れました。実話だそうです。

ベトナムの綺麗な景色とは裏腹に、次々に村民を襲う不幸。
これが実際に起きているなんて辛過ぎます。

劇中、アメリカ兵士役のトミーリー・ジョーンズが

『手足がなくなった村民達が俺達に向かって手を振るんだ。笑顔で。
何故か分かるか?
彼らにとって手足がなくなろうが生きてると言う事が凄く幸せな事だからだ。』

みたいな事を言ってたんです。

生きる この当たり前の事が約束されないのが戦争なんですよね。
どんなに酷い事をされても、生きる事が出来てるから幸せなんて。
この台詞を聞いた時涙が出ました。

妻レ・リーに対し人を殺しまくっていた自分は
頭がおかしくなっていたに違いないと号泣する夫。
殺したくて殺したんじゃない。
ただ責めてくるサメに銃を向けていただけなんだ。
止めると自分が食われてしまうから・・・

そう嘆く夫にレ・リーは
皮膚の色は違っても痛みは同じなのよ と。

いつも思うんですが、戦争って一番無意味な事なんですよね。
誰かを殺して何かが解決する訳じゃない。
むしろ何も残らないのに、それでもどこかで常に戦争は行われている。
人間って本当に愚かな生き物です。

Posted on 2007/10/30 Tue. 14:16 [edit]

category: 香港以外の電影

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/288-6124193d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード