無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

キル・ビル Vol.2  

キル・ビル Vol.2
出演:ユマ・サーマン、デヴィッド・キャラダイン、ダリル・ハンナ、
マイケル・マドセン、ゴードン・リュウ
かつて結婚式のリハーサル中にビル(デヴィッド)の襲撃を受け、
愛する夫とお腹の子どもを殺された“ザ・ブライド”(ユマ)。
昏睡から奇跡的に目覚めた彼女はビルへの復讐を誓い、
襲撃に関わったかつての仲間たちを次々と仕留めていった。
残るはバド(マイケル)とエル・ドライバー(ダリル)、そしてビル――。
さっそく彼女は次なる標的のバドを倒すため、テキサスの荒野へ向かう。

一方バドは、もはや殺し屋としての面影もなく、アル中に落ちぶれていた。
彼にも与えられた服部半蔵の刀は質屋に出したと言い放ち、
兄ビルの忠告も空しく聞こえるばかりだったが…。
(allcinemaあらすじ)

★前作でスッパスッパ行き過ぎましたね。
だから今回は物凄~~~~く物足りなかったです。
逆にしたら良かったのに(--;
今回もネタばれで行きます。

5人いた復讐相手も残り3人。
が、ビルの弟であるバドの元に行くも逆に生き埋めにされてしまうブライド。
でもここで死なないのが彼女の良い所(?)
本当に彼女は不死身です。
頭撃っても、酷いリンチにあっても、
刀で深い傷を負っても、生き埋めにされてもとにかく死なない。
どないせっちゅうねん。
フレディ@13日の金曜日か?あんたは。

でもバドは元身内のエルの手によって毒蛇であっけなく葬られるんですな。
それで良いのか?ブライド。楽しみ1つ減ったやん(楽しみって・・・)

そして待ってました!私の大好物、女と女の戦い!!
エル vs ブライド
殴りあう、蹴飛ばしあう、気持ち良かった~~~!
でも最後はあっけなかったっす(^^;

そして思った。
タランティーノさん、目玉を素手でえぐり取る演出好きね。
今回はそれに(目玉を)踏み潰すサービス付きやったけど(苦笑)

復讐のラストはビル。
でもいざビルの元へ向かったブライドが見たものは
死んだと思ってた我が子、BB。
ここから暫しビルとブライドの間を穏やかな空気が流れて和解するか?と思ったけど、
復讐すると誓った手前、しっかり復讐果たされました。
しかもこれまた結構あっけなく。
ここで血の雨を降らさないでどうするの~~~~!!

最後は娘を取り戻しハッピーエンド。
それは良いんですけど全体的に(くどいですが)物足らん作品でした。

ゴードンさんも今回はしっかり顔を見せて登場してたんですが
(ここで広東語台詞になった瞬間凄く嬉しかった)
アクションシーンをもっと派手にして欲しかったな。残念。

1があれだけ血の海で、エグいのがマックスやっただけに
今回のは大人し過ぎてバランスが取れてなかったように感じました。
人間って1が凄いと2はそれ以上?って期待する生き物なだけに
マジで順番逆にした方が良かったと思います。

Posted on 2007/07/29 Sun. 14:12 [edit]

category: 香港以外の電影

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/260-1c6a1c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード