無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

大隻[イ老](邦題:マッスルモンク)  

大隻[イ老]
出演:劉徳華(アンディ・ラウ)、張栢芝 (セシリア・チャン)、
張兆輝(チョン・シウファイ)、湯寶如(カレン・トン)
刑事の李鳳儀 (セシリア)は、
公衆の面前で裸体をさらした罪で大隻[イ老](アンディ)を逮捕する。
人の゛因果゛を見分けるという異能を持つ大隻[イ老]は、
その能力で鳳儀の凶悪犯捜査の手助けするが、
その過程で鳳儀は彼が元僧侶だったことを知る。
彼が仏門を捨てた訳は…?
そして、彼女自身も深い業を背負っていることを知った2人は、
その゛因果゛に立ち向かおうとするのだが…。
(Yes asiaあらすじ)

★まず長い間サボっててすいませんでした・・・
これからもこんな感じでマイペース更新になると思いますがお許し下さいませ。

これ、レンタルしようと思ってた時、家姐の家がケーブルを取り付ける事になり
チャンネルNEKO(やったっけ?)が鑑賞可能に。
そこで早速これをとってもらいました(ラッキー!)

大分前に香港版の字幕なしで観たもんやからずっと意味不明状態でいたんです。
特にW華仔が出て来た所から置いてきぼり・・・
が、それも今回字幕付きだったお陰で謎が解けてめっちゃすっきり!
+張さんが何役で出てたのか思い出せなかったので合わせてそれもすっきりしました。

話は簡単に言えば「因果応報」。
前世での行いは必ず自分に返って来ると言う事を伝えてます。

観終わって思った事。
結局人間ってのは簡単には因果応報からは逃れられないんですかね?
華仔はセシリアを恐ろしい因果から助け出そうとするけど失敗し
セシリアはエグい最期を迎えてしまうし。

セシリアを殺された事で荒れ狂う華仔の元に現れたのが、私をパニくらせた第2の華仔。
「こんな事が巡り巡ってたららちがあかない」
と言う事を伝える為にあの華仔は生まれたんですね~。

その教えのお陰で「許す」事を実行した華仔。
結果、物語的にはハッピーエンド(ですよね?)

改めて観てもこの映画、ちょこちょこエグいですよね。
左腕ぶっ飛んだり、血がいっぱいやったり、車に派手に轢かれたり・・・
何よりも缶から出てくるインド人!何回観ても気持ち悪いっちゅうねん!
でもその分クスっと笑えるシーンもありで、
こう言う所がジョニー監督やな~と思った作品でした。
(久しぶりのレビューやから文章上手くまとめられへ~ん)

Posted on 2006/12/18 Mon. 15:52 [edit]

category: 邦題:【ま】~【や】

tb: 0   cm: 4

コメント

ぱおさん>一瞬、肉布団?ってなりましたが着ぐるみの事ですね(笑)

機会があれば是非もう一度観て下さいませ~!

URL | SOFFY #79D/WHSg
2006/12/28 16:11 | edit

肉布団!

いや~、華仔の肉布団はお目目が点になりました。
肉布団のイメージが強くて内容覚えてない、、(汗)
日本語字幕で観たのに~!

URL | ぱお #79D/WHSg
2006/12/27 18:15 | edit

Unknown

檸茶ちゃん>エグかったよな~。
で、色々考えさせられる映画。

坊主の華仔、ブリーフ探す華仔、みんなええ!!
(結局そこよ 笑)

URL | SOFFY #79D/WHSg
2006/12/27 09:48 | edit

Unknown

やっぱり、『因果応報』を考える映画だと思います。
この話はフィクションだけど実際にあると思う。宗教的なことだと思うけど…。
ほんまエグかった~~
でも、最後の華仔は坊主なのにレンチャイで、はう~~んな私でした!(結局そこかい!)

URL | 檸茶 #79D/WHSg
2006/12/26 23:07 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/198-546d1b84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。