無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

O記三合會档案  

O記三合會档案
今日は鎮宇の誕生日なので、私が鎮宇に完璧に落ちた映画を紹介します!
私の鎮宇病はこの映画から始まった(笑)

主演:劉青雲(ラウ・チンワン)、呉鎮宇 (フランシス・ン)、
朱茵(アテナ・チュウ)、謝天華(マイケル・ツェ)

60年代それは表社会と裏社会が組んで悪事を働く時代。
豪(チンワン)は裏社会で、樂(フランシス)は表社会で地位を築いて行った。
樂の妻(アテナ)は結婚前、豪と関係を持っていたが、豪は樂に彼女を譲り渡し
その事がきっかけで豪と樂は落とし穴に落ちて行く事となるのだった。
(ジャケットあらすじ参照)

★この映画は確かマイちゃん目当て&ジャケットの鎮宇に興味があり購入。
そして見終わった後、私は完璧鎮宇迷になっちゃってました。

男同士の友情と偏った愛情が入り混じってて、ラストはちょっと泣きました。
鎮宇は今観るとめちゃくちゃカッコ良いって事はないんですけど、
ラウチンやアテナに振り回されてる感じの役で可哀想でした。

買った当時に目当てだったマイちゃんは、後半に鎮宇の元で働く刑事役で出てきます。
でも、マイちゃんもある意味可哀想な役でした・・・

黒社会と警察の道で出世する事を決めた2人の男の友情。それに注目して観て下さい!
で、『普通、この鎮宇ではまるか???』って思ってやって下さい(^^;

Posted on 2005/12/21 Wed. 00:25 [edit]

category: 未公開:7文字以上

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/18-5191af69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。