無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

川島芳子(邦題:女スパイ 川島芳子)  

川島芳子
出演:梅艶芳(アニタ・ムイ)、劉徳華(アンディ・ラウ)、
爾冬隆(デレク・イー)、謝賢(パトリック・ツェ)
清朝の王室生まれでありながら、日本軍のスパイとして活動していた実在の人物、
川島芳子の半生を中心につづった歴史ドラマ。

★壮絶な人生ってこう言う事を言うんだな~と思った作品。
こんな凄い女性が存在したんですね。その川島芳子を演じたのが梅姐。
特に男装して皇后を誘惑したりするシーンは梅姐ならではの魅力が出ていて、
ナイスキャストだと思いました。

義父に犯され、初恋の人を捨て愛してもない男に嫁ぎ、
そこから徐々にのし上がって行く姿はたくましくもあり、どこか悲しかったです。

勇ましい姿の中で所々で見せる女の顔が色んな事を物語ってました。
きっとこの女性は本来の自分を殺して生きていたんでしょうね。

華仔は梅姐に反発しながらも、
最後には彼女の生き方を受け入れたような気がしました。
余談ですが、途中撃たれた華仔を梅姐が介抱するシーンがあるんですが
痛さにのたうち回る華仔に思わず萌えてしまいました(笑)

芳子の初恋の相手にはデレクさん。
お兄さん(秦沛さん)に顔そっくりっす。
だって始めのシーンでお兄さんかと思いましたもん。

そしてニコちゃんパパのパトリックさんも日本軍役で出ておられました。

全体的に日本語セリフはなく(華仔の「サヨナラ」ってセリフだけ)
ちょっと違和感もあるんですが、下手に日本語使わせるよりは良いです。

歴史が絡んでて難しい映画だろうと覚悟してみたんですが、
こんなオツムの弱い私でもついていけるぐらい分かり易く描かれてて良かったです!

Posted on 2006/11/17 Fri. 15:21 [edit]

category: 邦題:【あ】~【か】

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/178-3c617c80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。