無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

狗咬狗(邦題:ドッグ・バイト・ドッグ)  

狗咬狗
出演:陳冠希(エディソン・チャン)、李燦森(サム・リー)、張兆輝(チョン・シウファイ)、
黎燿祥(ライ・イウチョン)、林雪(ラム・シュ)
とあるレストランで残忍な殺人事件が発生。
凶悪犯罪課のワイ刑事(サム)は、現場付近で明らかに怪しい人物を発見する。
彼は、ある判事の妻を殺害するためにカンボジアから香港へやってきた殺し屋パン(エディソン)。
幼い頃から賭けボクシングの選手として闘犬のように育てられた彼は、
何の躊躇もなく次々と人を殺す非情かつ凶暴な男だ。
ワイは何とかパンを捕りおさえるが、護送中に逃げられてしまう。
パンはあてもなく逃走する中、ある少女と出会う。
自分と同じように身寄りのない孤独な彼女を、パンは一緒に連れてゆく事に。

一方、ワイは上司の命令を無視して、一人パンを追い続ける。
何度も追い詰めるのだが、
パンはワイの目の前で次々と彼の同僚たちを殺害し、逃走を繰り返す。
パンへの怒りを募らせたワイは、やがて自分が刑事であることも忘れ、
彼を仕留めることだけに執念を燃やしてゆく。
(Yes asiaあらすじ)

★Ⅲ級片です。エグいです痛いです(><)
少々のエグさなら大丈夫な私は、
林雪おっちゃんが殺されるシーンで思わず目を覆ったものの、それ以降は結構大丈夫でした。

でも色々痛かったのは確かっす・・・

エディ、怖いです。殺す事をなんとも思ってないもんだから殺し方も凄いし。
黎さんも結構な殺され方されてましたが、私的には張さんの殺され方が頂けなかった。
だって頭が・・・言わないでおきます(笑)
そりゃ、あんなんであんな風に殴られたらあんなになるわな~と妙に納得はしましたけどね(苦笑)
(これで大体の想像はついちゃうと思います)

サムも今回凄く良かった!
彼のこう言う演技観た事なかったので、違った一面が観れて良かったです。

エディが途中で出会う少女も(誰か知らないんですが)良い味出してました。
この少女にだけ見せるエディの優しい顔を観てる時が唯一ホッと出来る瞬間だったな~。

『え”何すんのエディ!!あっ、そうするのか。って!その後どうすんの?死ぬで。』
と言う終わり方で(意味分かりませんね。でも言うとネタバレになるので)
意外と言えば意外なラストでした。


林雪おっちゃん、張さん、黎さんと脇を固めてる俳優さんもみんな良かったし。
エグいのが大丈夫な方は是非観て下さいませ~!

Posted on 2006/11/16 Thu. 10:33 [edit]

category: 邦題:【さ】~【た】

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/177-44573ff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。