無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

五億探長雷洛傳2 父子情仇(邦題:リー・ロック伝 大いなる野望PARTⅡ 香港追想)  

五億探長雷洛傳2 父子情仇
出演:劉徳華(アンディ・ラウ)、郭富城(アーロン・クォック)、邱淑貞(チンミー・ヤウ)、
張敏(チョン・マン)、關海山(クァン・ホイサン)、呉孟達(ン・マンタ)、秦沛(チョン・プイ)
香港警察の部長警部に昇格したばかりのリー(アンディ)。
油尖地区の責任者が引退したことにより、
長年反目してきたガン警部(チョン・プイ)との対立が表面化。
だが、彼は野望を次々実現し、ついに中国人全警察官の責任者にまでのぼりつめる。
(allcinema ONLINEあらすじ)

★はい後半です~。でもまず始めにちょっと叫ばせて下さい・・・
ノ~~~~~~~!字幕がないじゃな~~~い!!
こう言う作品で字幕ないってあんた殺生な・・・

こちらでは華仔とチョン・プイさんの対立とアーロンとの親子物語について描かれてます。

まず前半から仲の悪かったチョン・プイさんと、
ありとあらゆる手を使いあってTOPの座を競いあいます。
チョン・プイさんも良い所まで行くんですが、やっぱり最後は華仔の勝ち!
やる事桁ハズレ過ぎるし、何でも金で物を言わすのがちょっとひくわ(--;

そして気になるチンミーさんとのその後ですが、
チンミーさんと再会した華仔は、
チンミーさんと一緒に居た男の子が自分の子だと告げられます。
で、色々世話をするんですがチョン・マンさんがチンミーさんを尋ねてから
再びチンミーさんは姿を消してしまいます。
このシーンのチンミーさんもけなげでした・・・
チョン・マンさんも決して嫌な女でない所が良いんやろうな~。
(私的にはここで女の争いを見たかった気もするが)

その後華仔は1人の青年に出会います。そこで渡された名刺を見てびっくり!
息子ではないですか~~~!それはそれは父親に似て男前な(笑)
でも息子アーロンは父親を憎んでいて許そうとしません。

そんな中、チンミーさんが危篤状態になり華仔は襲われながらも何とか再会を果たします。
アーロンと華仔はチンミーさんを安心して逝かせてやりたいと
演技で仲直りした振りをするんですがここが良かったですね。
何やかんや言っても親子は親子やもんね~。

ただ私的には最後があまりにもあっけなさ過ぎたと言うか、
何かが物足りなかったです。
華仔とアーロンが共演してて、
私の癒し系俳優:張達明さんが出てたのは嬉しかったんですけどね。

にしても、原題も邦題もタイトル長すぎ!!

Posted on 2006/11/12 Sun. 11:38 [edit]

category: 邦題:【ら】~【わ】

tb: 0   cm: 2

コメント

TV映画なら

sakuraさん>あの当時の四天王からこの2人を使うぞ!
って言う話題でも客を持って行きたかったんでしょうね。
で、絡みがないと意味がないから無理やり親子にしたと。
勝手な推測・・・

あっ、sakuraさんのブログにお邪魔しました。
ディッキーの迷さんだったんですね♪
香港旅行記も楽しいです!

Ayuさん>私この映画初めて観たんです(爆)
本当に四天王関連の映画は観ないやつだったんだな~と実感しております。

字幕、TV映画ではないのが多いんですけど
まさか映画で(しかも続編でいきなり)ないとは思いませんでした。
学校休んでてヒヤリングも怪しくなってる今の私には
きつかったっす

URL | SOFFY #79D/WHSg
2006/11/13 10:18 | edit

なつかしい・・・

うわ~この映画何年前に観たんだろ?確かにタイトル長っ!!
私もsakuraさんと同じく、華仔とアーロンが親子ってのは無理があるやろーっと思っていました。
また観たいな~。

それにしても字幕が無いとは痛かったですね~。
私も昔、星爺作品で字幕が無いDVDで痛い目に遭いますた・・・

URL | Ayu #79D/WHSg
2006/11/13 02:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/173-40256dcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード