無間香港電影地獄

香港映画を中心としたレビューブログ

天下無賊(邦題:イノセント・ワールド -天下無賊-)  

天下無賊
出演:劉徳華(アンディ・ラウ)、劉若英(レネ・リウ)、葛優(グォ・ヨウ)、
李冰冰(リー・ピンピン)、林家棟(ラム・カートン)
ワン・ポー(アンディ)とワン・リー(レネ)はスリを生業とし各地を転々としている。
彼らは互いに愛し合ってはいたが、流浪のスリ生活に疲れたリーは、ポ
ーとの決別を覚悟で足を洗いたいと言い出す。
そんな時、列車の中で純朴な農民フーグンに出会ったリーは、
彼が出稼ぎで貯めた6万元を懐に故郷に帰ろうとしていることを知り、
その金を狙うポーからフーグンを守ろうと決意。
しかし、フーグンを狙っているのはポーだけではなかった。
偶然同じ列車に乗り合わせた窃盗集団のリーダー・ピャオ(グー)もまた、
フーグンをターゲットにしていたのだ。
疾走する列車の中、6万元を狙うポーとピャオ、
そしてフーグンを守ろうとするリーの、三つ巴の闘いが始まろうとしていた…。
(Yes asiaあらすじ)

★今日華仔の誕生日なんでこれをチョイス~!
って、観終わったのはさっき(26日)なんですけどね・・・

スリ集団中心のお話なんですけど、恋愛も描かれてて
結構最後まで『盗む事優先』で冷たい華仔がかえって良かったです。

スリの手口の描き方が上手いな~って素直に感動。
華仔 vs 家棟の6万元奪い合いシーンや、
列車のトンネルに突っ込む度胸試しのシーンが好きっす!
って、この2人が並んでれば良いのか?って言われればそれまでですけど(^^;

華仔とレネさんは何回か意見が食い違い、
離れたりくっついたりするけど心の底から愛し合ってるのが伝わって来ました。
こう言う恋愛もありやね~。

今回は脇の俳優さんも良かったです。
『さらばわが愛 覇王別姫』でも薄気味悪い役だったおじさま葛優さん。
今回も薄気味悪かったです(笑)
家棟を殴って、その上指も折りよったし(--; (←すいません、個人的感情です)

そして『黒社会』で良い味出してたおじさまも出てました。

後、刑事役で出ていた俳優さんが良かったな~。
でも何人なんやろうか?観た事ないお顔やったけど。大陸の俳優さんかな?

冰冰さんも今回は七変化を見せてくれて、可愛い&セクシーが楽しめました。

6万元を持っていて、常に狙われてる少年は
メジャーで活躍している松☆選手にしか観えへんかったのは私だけ?

物語のラスト、一瞬どうなったのか分からなかったけど
(刑事がレネさんに『彼はもう行ったよ』って台詞を言うんですが、
その『行った』の意味が一瞬分からなかった)
それもちゃんと説明する場面があって納得!!
やっぱり1回観てすっきり分かる映画じゃないとね~!

これ日本で公開したら良いのに・・・。 (後にされましたね♪)

最後にこちらでも生日快樂~!華仔♪

Posted on 2006/09/27 Wed. 00:35 [edit]

category: 邦題:【あ】~【か】

tb: 0   cm: 2

コメント

最近ね

檸茶ちゃん>入り込んで観たけど、いかんせん最近私は「泣けない女」になってしもうて(笑)
広東語力が落ちたんやろうね。字幕付けて観ても深い部分までが分からんのよ。
だからレビューを書きたくてもなかなか進まない。(え?書いてるやんって?)

でもこれは2人の愛はしっかり伝わって来たし、映画的にも良かったと素直に思えた。

URL | SOFFY #79D/WHSg
2006/09/28 00:45 | edit

意外と・・・

初めは「どうなん??」(話的に)って思ってたけど、話が進むにつれて見入ってました。
初めの華仔も「どうなん??」(ルックス&性格)だったけど最後は「やっぱりええやん!!」で終わりました。(笑)鼻はズルズル片手にティッシュ持って。
監督が大陸の人だし舞台も大陸だから大陸の俳優さんだと思うよ。
めっさ暑いときに北京の向こうで(どこ!?)撮ってたし。

華仔、生日快楽!!

URL | 檸茶 #79D/WHSg
2006/09/28 00:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jaalhkm.blog31.fc2.com/tb.php/151-3804548d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード